個人情報保護方針

→ 概要



海事代理士・行政書士 高松海事法務事務所(以下,当事務所と呼称します。)は,従業員雇用・業務委託過程や業務遂行中において,個人情報および企業情報を様々な形で取扱っております。お預かりする個人情報は大変重要な情報であり,その個人情報の保護は社会的責務と考えております。そこで当事務所は,個人情報保護に関する法令,国が定める指針その他の規範を遵守いたします。また国際的な動向にも配慮した自主的なルール及び体制(以下,個人情報保護マネジメントシステムと呼称します。)の確立に努め,高度情報通信社会の健全な進展に資するよう取り組むことを誓うとともに,次の通り個人情報保護方針を定め,これを実施し維持することを宣言致します。




1.個人情報の取得



当事務所は,適法かつ公正な手段によって,個人情報を取得いたします。



2.個人情報の利用目的



当事務所は,個人情報の取得・利用にあたっては,その利用目的を特定することとし,特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)はいたしません。また,目的外利用を行わないために,適切な管理措置を講じます。
個人情報は,以下のような目的の達成に必要な範囲内においてのみ利用いたします。下記に記載する利用目的以外の場合は,その都度,利用目的を明示しております。



尚,裁判所等の公的機関より法令に基づいて個人情報の開示を求められた場合等には,当該個人情報を開示することがあります



3.個人情報の管理・安全管理措置



当事務所は,個人情報への不当なアクセス,または個人情報の紛失,破壊,改ざん,漏洩などの危険に対し,技術面及び組織面において合理的な安全対策を講じるよう努めます。
当事務所の推進する個人情報保護マネジメントシステムに関しては,個人情報保護日本工業規格「個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」(JIS Q 15001)に準拠した策定を実施し,また,それと一体をなす基本規定・詳細規定・業務マニュアルを遵守し,個人情報保護の徹底をはかります。



4.第三者提供



当事務所は,ご本人の同意を得ている場合や法令にもとづく場合等を除き,取得した個人情報を第三者に提供することは致しません(但し以下の場合を除く)。

業務の一部を複委任等によって第三者機関に委託する場合。但し,この場合,業務委託先に対し,当事務所が委託した業務の範囲を超えて,個人情報を利用すること,及び,改ざん,漏洩することがないよう,契約を締結した上で,個人情報の提供を実行致します。



5.苦情処理



当事務所は,個人情報の取扱いに関する苦情および相談を受けた場合は,その内容について迅速に事実関係等を調査し,合理的な期間内に誠意をもって対応致します。



6.周知・教育



当事務所は,取得した個人情報を適切に管理するため,組織的・人的・物理的・技術的な安全対策措置を講じると共に,実効性を高めるため職員に教育・周知を行い,個人情報の漏えい,滅失または毀損の防止及び是正に取り組んでまいります。また,個人情報保護管理者を設置し,個人情報保護マネジメントシステムの現実的で実践可能な実施・運用に努めてまいります。



7.見直し



当事務所は,社会情勢・環境の変化を踏まえて,個人情報保護マネジメントシステムを見直し,継続的改善を行うよう啓発・推進致します。



8.守秘義務



行政書士及び海事代理士は,それぞれ法律に基づき堅い守秘義務を課せられております。当事務所は,お客様から頂いた個人情報を下記に記載する法令の条項に基づき,お客様の同意なしに,第三者へ提供することはありません。

海事代理士法第19条 (秘密を守る義務)
海事代理士は,法律に別段の定がある場合を除く外,その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を他に漏してはならない。海事代理士でなくなつた後も,また同様とする。

行政書士法第12条 (秘密を守る義務)
行政書士は,正当な理由がなく,その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も,また同様とする。

上記法令に違反した場合,それぞれ懲役刑・罰金刑などの刑事処分及び営業停止若しくは禁止処分又は登録抹消の懲戒処分を受ける場合があります。



制定:平成17年12月28日
改定:平成22年 2月 1日


高松海事法務事務所
≪代表 個人情報保護管理責任者・個人情報保護士  高松大≫


戻る