★相続・遺言

・遺言とは?

自分の死後に自分の財産の処分方法について,自分の意思や希望などを書き残してお くことを遺言といいます。15歳以上の方であればどなたでも遺言することが可能です。遺言を残すには決められた形式があり,書き残していてもその形式を守っていなければ遺言としては認められません。形式が守られた 遺言は法律で保護されるため,財産を引き継ぐ権利を持つ相続人は,遺言の内容に従わなければなりません。

・相続とは?

相続というのは人が亡くなった場合に,亡くなった方の財産上の権利や地位を家族などの相続人が受け継ぐことをいいます。 この場合に,亡くなった人を被相続人といい,財産や権利を受け継ぐ人のことを相続人といいます。相続の対象となる財産には,現金や預貯金といったプラスの財産から,借入金など,マイナスの財産も含まれてしまいます。 どちらかの財産だけを引き継ぐことはできませんので,プラスになる財産よりもマイナスになる財産の方が多い時には, どちらも受け継がない,相続放棄を選択することもできます。


詳しくは,お問い合わせ下さい。

戻る