★海洋汚染の防止に関する業務




  1. 海洋汚染防止法とは
  2. 海洋汚染防止法の構成
  3. この法律に関する手続き









海洋汚染防止法とは



海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律は,船舶,海洋施設及び航空機から海洋に油,有害液体物質等及び廃棄物を排出すること,海底の下に油,有害液体物質等及び廃棄物を廃棄すること,船舶から大気中に排出ガスを放出すること並びに船舶及び海洋施設において油,有害液体物質等及び廃棄物を焼却することを規制することに関する法律です。

これにより,廃油の適正な処理を確保するとともに,排出された油,有害液体物質等,廃棄物その他の物の防除並びに海上火災の発生及び拡大の防止並びに海上火災等に伴う船舶交通の危険の防止のための措置を講ずることにより,海洋汚染等及び海上災害を防止し,あわせて海洋汚染等及び海上災害の防止に関する国際約束の適確な実施を確保し,もつて海洋環境の保全等並びに人の生命及び身体並びに財産の保護に資することを目的としています。

まさに海上の環境のための法律ということになります。陸上でいう廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)みたいな感じですね。

昨今の海洋汚染は深刻なものがあり,よくTVでも見かける話題となってきています。
それ故,こういった環境法を遵守することが非常に重要であると言えます。







海洋汚染防止法の構成




海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律は,以下のような構成になっており,それぞれの章において各種の規制を定めています。










海洋汚染防止法に関する手続き




その他,海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律に関する各種手続きを当事務所では,代行致しております。

詳しくは,お問い合わせ下さい。






詳しくは,お問い合わせ下さい。

戻る