◆法学検定


  1. 法学検定って??
  2. 試験内容は??
  3. 4級の試験基準
  4. 試験内容の考察
  5. 最後に






法学検定って??



まず法学検定とは,財団法人日弁連法務研究財団と社団法人商事法務研究会が主催し,法学検定試験委員会が実施している, 法学に関する学力水準を客観的に評価する,日本で唯一の全国規模の検定試験です。
行政書士試験や司法書士試験・公務員試験などの良い練習台となるでしょう。 
また,上記試験で,基礎法学・憲法・民法を学習した方は,何もしなくても受かると思います。
刑法は初めてやる方には厳しい内容かも知れません。

行政書士試験を受ける方で余裕のある方は是非,ビジネス実務法務検定試験2級と一緒にこの試験を受けることをオススメします。現に,2005年度の行政書士試験の記述試験の憲法・民法は,4級を問題集をしっかりやりこんでいれば確実に解ける内容でした。




試験内容は??



4級は60満点の試験で,試験科目は以下の4科目になります。




4級の試験基準



「法学入門」「憲法」「民法」「刑法」について試験をします。大学2年生において習得すべき内容について理解があるかどうかが判定されます。




試験内容の考察



とりあえずの大前提として,問題集からそのまんま試験問題が出題されるという超茶番です。つまり,法律を理解していなくても,単に暗記するだけで,余裕で受かってしまいます。合格も大体30〜35点ですし。
普通に勉強すれば50点以上確実に取れます。
とはいえ,法律を学ぶ上での基本であり,重要事項が出題されるので,各種法律の資格試験などを目指している方や法律を学びたいという気持ちのある方はきちんと理解しながら学習することが大切です。

とりあえず問題集をやれ!としかこの試験についてのコメントはできません。テキストも自由国民社(以下(自国)という)から出ていますが,正直,問題集にある解説を単に整理して載せているだけという感じでした。一応紹介しておきます。

受験するならばこの問題集は絶対必須です。
先ほども書きましたが,この問題集からそのまんま出題されますので。




最後に



どの試験にも共通することますが,とにかく根気よく問題を解き続けてください。
受験する場合は,受験日と申し込み締切日を必ず注意しておいてください。



皆様の合格を心より願っております。

※このコンテンツにある情報に誤りがあった場合,コチラ までご報告頂ければ幸いです。


このページの上へ

戻る