ボート免許の更新おまかせ。
高松海事事務所 TOPページ取り扱い業務高松海事事務所 概要小型船舶免許 更新遊漁船業務主任者講習高松海事事務所 お問い合わせ

遊漁船業務主任者 実務経験/実務研修

遊漁船業務主任者の実務経験/実務研修について


遊漁船業務主任者に選任されるための要件
上記「1日につき5時間以上」及び「合計10日」の実務研修になります。


使用船舶

高松丸
当事務所所有艇 高松丸にて遊漁船業務主任者の実務研修をご提供いたします。


研修内容

研修は一定のカリキュラムに沿って執り行います。
とはいえ,気を張らずにお気軽にご参加ください。

業務主任者としての職務,「利用者の安全」や「漁場の安定的な利用関係の確保」に関することを中心に指導いたします。
当日は汚れますので,ある程度汚れても良い服装でお越しください。

出航は横浜市内の桟橋からになります。


研修に係る費用

1日5時間 + 10日間
20万円 〜 50万円
上記金額が基本となります。
受講日をご希望頂く際に,例えば全てこちらの日程で調整してもらい,極端な話「明日来れますか?」「来週の月曜日来れますか?」といったように,こちらの都合に合わせて出席頂けるのであれば20万円程度での提供が可能です。

逆に,受講者の方の希望で10日間を決めてもらう場合,当然費用は40万円〜50万円と高くなります。
要するに,こちらにどれだけの負担がかかるかというところによります。

また,例えば他所で3日研修を受け,当事務所にて7日間受けるという方法も当然可能です。
その場合は上記基本代金より日割り計算いたします。



よくある質問


Q.研修費用に燃料代は含まれていますか?

A.はい。含まれています。



Q.出航場所は東京や千葉にしてもらうことはできますか?

A.それはできません。仮に乗降りする桟橋が確保できたとしても,そちらへ向かうまでの手間・燃料・桟橋代等をかんがみると大幅な負担増になりますので,研修費用もかなり上がってしまいますので,当事務所指定の桟橋まで着て頂くのを原則とさせてください。



Q.実務研修の10日間を充足する間が長期間になっても問題ありませんか?

A.はい。法令上,特に規制はありませんので,1年の10日受けて頂いても構いません。
ただし,あまり長期に渡ると遊漁船業の登録の申請又は主任者を追加する届出の際に行政官庁職員に突っ込まれることは十分想定されるところではあります。



Q.他都道府県からですが大丈夫ですか?

A.まったく問題ありません。実務研修や遊漁船業務主任者講習は全国どこで受講してもOKです。



Q.理論上,1日5時間であれば,24時間の間に4回分(4日分)の研修を受けることが可能かと思いますが,それでも大丈夫でしょうか?

A.それはNGです。法令において「10日間」と名文の規定がありますので,それに従うしかありません。例えば,朝便を出して,ナイト便も出すということもあるでしょうが,「10日間」と法令に規定されてしまっている以上,1日に2回以上の研修はできません。



Q.研修は10日間でないと受け付けてもらえませんか?

A.いいえ。他所で3日研修を受け,当事務所にて7日間受けるという方法も当然可能です。
その場合は基本代金より日割り計算いたします。


Q.請求書・領収証は発行してもらえますか

A.はい。もちろん大丈夫です。


Q.キャンセルの場合,料金はかかりますか?

A.はい。研修を見越しての準備等がありますので,申込み後のキャンセルには料金が発生いたします。その旨,契約書を取り交わしますので当該契約書に明記いたします。



HOME取扱業務事務所概要ETCお問い合わせリンク集ブログ募集中
遊漁船業務主任者講習遊漁船・釣り船の開業旅客・遊覧クルーズ事業の開業ボート・ジェットの名義変更等
Copyright (C) 2005  海事代理士・行政書士 高松海事法務事務所 All Rights Reserved
   神奈川県川崎市高津区久末1883-8  TEL 044-789-8441  FAX 044-789-8442  個人情報保護方針
このサイトのTOPページに,
もどります。
主な受託業務を紹介します
ボート免許(小型船舶免許)の更新・再交付・住所変更
二級から一級への進級
お問い合わせはコチラ
遊漁船業務主任者講習
高松海事事務所概要